2015年08月31日 (月) | 編集 |



ハラハラドキドキしながら、読みました。

隣人・武内の「善意」がだんだん「狂気」に変わり、
ジワジワ怖さが増していきます。

嫁の雪見がいち早く異様さに気づき頑張ってるのに
父・勲と息子・俊郎の鈍感さにはイライラさせられました。

最後は、そういう終わり方をするんだ!
と、ちょっと予想外でした。

この犯人のように自分の「善意」に報いてくれないと、
「裏切り」と感じる人間は結構いると思います。


※この著者(雫井脩介)で読んだ
『犯人に告ぐ』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...