『レインツリーの国』

2012-02-08




恋愛小説です

有川さんらしい、ほのぼのとした恋愛を今回も
楽しめました

でも、しっかりとしたテーマはあります
障害を持った女性の恋愛が描かれています。

「どうしてひとみの言葉がこれほど好きなのか分かった。
彼女は―彼女たちは、耳が不自由な分だけ、言葉をとても大事にしているのだ。第一言語として自分たちに残された言語を。」

このくだりは衝撃的でした
私は言葉をこんなふうに大事にしていなかったです。
文章を書くのが苦手で、単に文才がないと思っていました。


※この著者(有川浩)で読んだ
『空の中』『シアター!』『シアター! 2』他

blogram投票ボタン
カレンダー&月別アーカイブ
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

置き手紙が不具合の場合は
にメッセージを残してくださると
嬉しいです♪
↓「別窓で開きます」
blogram投票ボタン
gremz
41代目です(*^^)v
blogram
今日のまろん
ブログパーツ
プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
NEW SINGLE 『バトン』
お気に入り
リンク
ランキング
i-web message
  双方向のメッセージの
  やり取りができます♪

  お返事は次にブログ来られた時に
  表示されます
カウンター
pingoo
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...