『源氏物語文庫(10巻セット)』

2009年4月21日に読み終わりました。




ブログのお友達に借りて読みました。

歌が出てくるので(歌は苦手です)、ちょっと戸惑いました。
また、人間関係や呼び名が複雑で巻末の系図を見ながら
読みましたので時間がかかりました。

読んでいると古文の授業を思い出しました。
こういう事だったのか…
と今更ながら納得したりしてました

巻末の「源氏のしおり」があって分かりやすかったです


簡単に感想を。。。

光源氏が知らない間に死んでしまうのが意外です。
どんな亡くなり方をしたんでしょう…

私は後半(5巻~)のほう、特に『宇治十帖』が面白かったです
何か現代に通じるものを感じました。
浮舟を巡る匂宮と薫の三角関係など。。。

最後の終わり方があまりにも唐突です。
こんだけ読んできてコレって感じです。

カレンダー&月別アーカイブ

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム

最近記事&コメント

カテゴリ

banner

いらっしゃいませ
ありがとうございます

置き手紙が不具合の場合は
にメッセージを残してくださると
嬉しいです♪
↓「別窓で開きます」
blogram投票ボタン

gremz

40代目です(*^^)v

blogram

今日のまろん

カーソル・スイッチ

プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪

音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE

お気に入り

リンク

ランキング

i-web message

  双方向のメッセージの
  やり取りができます♪

  お返事は次にブログ来られた時に
  表示されます

カウンター

pingoo

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...