『SRO〈2〉死の天使 』

2017-07-01




SRO第2弾。
今回もシリアルキラーの話です。
お医者さんがこんな思想を持ったら怖いです。

今回はSROが思うように捜査ができないのが
もどかしく感じました。

それと協力者や犯人を死なしてしまうのは
ちょっと残念ですね。

でも、サクサク読めて楽しめました。


※この著者(富樫倫太郎)で読んだ
『SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉』
blogram投票ボタン

『SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉』

2017-06-16




富樫倫太郎さんは初めてです。

新設された警視庁広域捜査専任特別調査室、
7名の5人がキャリア、警視長、警視正2名、警視、警部という
ありえない設定がかえって面白いです。

登場人物がそれぞれ魅力的です。
ストーリー展開もテンポがよく読みやすく、
楽しめました。

早速、〈2〉購入しました
blogram投票ボタン

『果つる底なき』

2017-05-18




今回はたくさん人が死ぬミステリーです。
ちょっといつもの池井戸さんとは違うような…
と思ったら初期の小説だったんですね~

銀行内部の話は元銀行員の私にとっては、
とてもリアルでした。
懐かしい~

途中は結構ハラハラさせられましたが、
最後はホッとできました。


※この著者(池井戸潤)で読んだ
『シャイロックの子供たち』『最終退行』
『ロスジェネの逆襲』他
blogram投票ボタン

『教場』

2017-05-10




長岡弘樹さんも初めてです。

警察物は多いですが、
警察学校が舞台というのは珍しいですね。
興味が湧き読みました。

長編と思っていたら短編でした。
想像していた警察学校のイメージと
ちょっと違いました。
規律が厳しいのは当然だと思いますが、
閉鎖的で陰湿です。

実際はどうなんでしょう~
婦警をしている友だちがいるので
聞いてみたいです。
blogram投票ボタン

『慟哭』

2017-03-30




貫井徳郎さんは初めてです。

叙述トリックとは知らずに読み、
見事に騙されました。

犯人が解った時は衝撃でした。

ただ話としては悲しすぎます。
タイトルの「慟哭」そのままです。

そして、正確な意味では事件は未解決です。
それもすっきりしません…
blogram投票ボタン
カレンダー&月別アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プルダウン 降順 昇順 年別


検索フォーム
最近記事&コメント
カテゴリ
banner
いらっしゃいませ
ありがとうございます

置き手紙が不具合の場合は
にメッセージを残してくださると
嬉しいです♪
↓「別窓で開きます」
blogram投票ボタン
gremz
41代目です(*^^)v
blogram
今日のまろん
ブログパーツ
プロフィール

きっちゃん♪

Author:きっちゃん♪
性別:女性
血液型:B型
住所:大阪市


powered byツカエルサイト

♪HIDEAKI TOKUNAGA♪
NEW SINGLE 『バトン』
お気に入り
リンク
ランキング
i-web message
  双方向のメッセージの
  やり取りができます♪

  お返事は次にブログ来られた時に
  表示されます
カウンター
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...